毎月借金の返済が厳しいので何とかしたい!と考えている場合、債務整理をするか、もしくは複数の借金を一つにまとめるおまとめローンを利用するかで悩んでいる人も多いかと思います。
債務整理が必要になる方のほとんどが複数の貸金業者から借金をしていて自分自身の借金の状態が把握できていないケースが多いのですが、借金を一本化してしまえば今後の返済が楽になるというように考えられているのがおまとめローンです。

債務整理をすると今後しばらくはローンが組めないなどのデメリットもあるため、出来ればおまとめローンを利用したいと考える方もいるかと思いますが、実は大きなリスクがあるということも知っておいた方が良いでしょう。
おまとめローンで借金の一本化をしたとしても、今後の返済にはもちろん利息がついてきます。

貸金業者からかけられている利息よりも低いため毎月の返済は楽になるのですが、複数の借金をまとめることで元本が増えるため完済までに支払う金額が増えてしまうということがあるのです。
とりあえずの返済が楽になっても長い目で見ると逆に損をしてしまうこともあります。

債務整理を利用する場合には、今まで払い過ぎてしまっていた利息の分を元本に充当して借金総額を減らしたり、今後は利息を払う必要が無くなるためいちばん重要な元本を確実に減らしていくことが出来るのです。

債務整理と一口に言っても、実はこの債務整理には種類があります。
それは4種類あるのですが、これからその4種類を一つずつ簡単に説明したいと思います。

まず最初に任意整理について説明をします。
この任意整理は比較的気軽にできる債務整理の一つで、借金の減額、利子の再計算などを行い返済の負担を減らす事が可能です。

次に特定調停というものがあります。
こちらは効果や内容としては任意整理と変わりはありませんが、裁判所を通すという事で少し敷居が高いと言えるでしょう。

次に個人再生というものについて説明します。
こちらは費用は少し高くなりますが、かなりの借金の減額が見込めますから、利用をして助けられたという人は多いです。

なので借金が多額だという方は、検討する価値はあるのではないでしょうか。
最後に自己破産についてです。

自己破産は比較的有名なのではないでしょうか。
借金を全額免除してもらう代わりに、財産を差し押さえられるという最終手段だと言えます。

費用もそれなりにかかりますから、気軽にはできないと言えるでしょう。
債務整理について気になっていた方、種類を知りたかったという方は、これらを参考にしてみてはいかがでしょうか。
借金返済

お役に立てれば嬉しいです。

債務整理をして人生を見直しを

借金に苦しんでいる人が残念ながら増えてきています。
不景気のあおりを受け借金をしたものの返せない人がいるからです。

そんな方々のためにあるのが債務整理です。
債務整理というとピンと来ないかもしれません。

やることはその名前の通り債務を整理します。
方法としてまずは皆さんがよく聞く自己破産という手段があります。

これは借金を帳消しにする手段です。
返済による苦しみは無くなります。

しかし同時に社会的信頼も失います。
財産になるようなものはすべて没収され、今後と借金はなかなか出来なくなるでしょう。

それでも今に苦しむよりは全然いい方法です。
その他にも色々とありますが、中でもオススメなのは任意整理です。

これは弁護士の力を借りて、今借りている借金を減額してもらったり、支払いを分割にしてもらったりする方法です。
また過払い金を返還してもらったりもします。

この方法であれば失うものは最小限で済みます。
借金は残るため返済していかなければなりませんが、そのは弁護士にお任せの上、自分の返済能力に合わせたものにしてもらいましょう。

お金の問題というのは厄介なものです。
念のためみんなも債務整理というものを知っておく方がいいでしょう。

また、もしもの時は一人で悩むのではなく、弁護士の先生に相談してみましょう。
きっと最適な債務整理の方法を導いてくれるはずです。

任意整理には3つの手段があります

債務整理とは、借金を整理する方法を総称したものです。
債務整理には主に任意整理・民事再生・自己破産の3種類があります。

任意整理とは貸金業者と話し合いをして無理のない借金プランに変更する方法です。
元本を3年程度で支払うことを条件に、金利をカットして月々の返済額を見直すことになります。

ほかの方法のように裁判所を通す必要が無いため手続きが簡単なこと、財産を処分する必要がないことなどのメリットがあります。
継続して収入の見込みがある人で、元本を3年程度で返すことができる人に向いた方法です。

民事再生とは、現在の借金が返済できないことを裁判所に認めてもらったうえで元本を減額してもらい、減額後の元本を3年程度で返済する方法です。
裁判所での決定が必要になるため手続きは煩雑になりますが、財産を処分する必要が無いことがメリットです。

借金額が返済できないほど大きいが、今後継続して収入の見込みがある人に向いた方法です。
自己破産とは、所有する20万円を超える財産を処分して返済に充てる代わりに、残りの借金の返済を免除してもらう方法です。

20万円を超える財産はすべて処分されますが、自己破産決定後は借金の返済義務はないため、収入をすべて生活の再建に充てることができるというメリットがあります。
借金の総額が財産の総額を上回っている人に向いた方法です。

どの方法を取るにしても、またどの方法がベストかわからない人もまず司法書士や弁護士に相談しましょう。
きっとベストの方法を考えてくれることでしょう。

アコムの審査は借入金額によって違うのか?

たくさん借りたいという人もいれば、すぐにでも借りたいという人がいます。
このようなときに借入がしやすいのがキャッシングですが、その中でも特に人気があるのがアコムというキャッシング会社です。

アコムは申し込みの時に、借入希望額を入力する欄があります。
借入希望額とは、アコムからだいたいいくら位借りたいかというものです。

これは、もちろん審査の対象になります。
この金額が大きければ大きいほどなるだけたくさん借りたい人なのだ、とアコム側は判断しますから、その分比較的審査は厳し目になってしまうのです。

正直、身の丈に合わない金額を申し込みの時に申請されると、その金額をどうして必要になるのかと疑われてしまいます。
このため、あまり大きな金額を入力しないほうがいい、とは言われています。

ちなみに、総量規制という言葉を知っているでしょうか。
これは、貸金業法で定められているものです。

これは借り過ぎを防止する法律で、あなたの年収の3分の1以下までしかお金を借りることが出来ない、というものです。
キャッシングの申込をしないのであれば問題はないのですが、もしアコムで借入の申込をするのであれば、この対象であることを知っておきましょう。

この総量規制により、審査の際にあなたの年収の3分の1を超える金額を申請されても、貸し出すことが出来ないとなっているのです。
これは、全ての消費者金融などの会社で合計した規制ですから、他社で借り入れがある場合は更に低くなる傾向があります。

余談ですが、もしあなたの年収など状況が変われば、利用限度額が高くなる可能性は大きくなります。
基本的に収入に比例しますから、収入の修正をしたらその時にまた審査があり、利用限度額が更新されることもあります。
任意整理を弁護士に相談するなら事務所が大事

http://niniseiris.web.fc2.com/

Both comments and pings are currently closed.